花 - 華

ようこそ 華道家 杉崎宗雲Jr.の世界

花のある暮らし   華のもつ魅力

1200年の時空を越えて   あなたに

“心” 活ける

888年。京都旧御室御所仁和寺に伝わる「いけばな御室流」の伝承者。“心”を震わし、“心”で活ける。
“華”と“時空間”を使い感動物語をプロデュースする華職人。

Next

仕事

「自分に関わって頂いた人々を幸せにする。」すなわち「根本的な問題解決をする仕事」とは?
私が仕事をする上でいつも大切に考えていることです。自分に仕事を依頼頂ける事の喜びをプロの職人技でお返しする。それすなわち“プロフェッショナルの心”で対応するということ。転じて「人のお役に立つ」ことと見つけたり。

Next

華道家の「華」

「いけばな」は、「花」の命を頂いて、「華」として活かす空間芸術です。その意味の尊さを噛み締めながら我々表現者は大切に華と向き合わなければなりません。その活けた華に詰め込む心もまた様々な想いを巡らせ、人に伝えるものであると考えます。1輪の花に込められたそのメッセージをあなたに贈ります。そしてその人々の幸せや豊かさにつながれば自分も幸いです。

華道家の「書」

華は立体。書は平面。そのいけばなの持つ空間美を平面に詰め込みました。直接的に文字として表現されるその空間には、意志という“心”がついて参ります。その書から色々な感情が生まれ、その方々の発展や心の癒やしにつながれば、これも幸いです。

華道家の「写真」「デザイン」

いけばなと同様その一瞬の時間を切り取ります。そのままメニューや看板、POP、ホームページ、SNS投稿用に変換し、お客様の広報・集客にも繋げます。弊社広告代理店の業務と連動し、ワンストップでクライアント様のご要望にお答えします。自然と行きたくなり、行列ができるお店は、見た目をとても大切にしています。企業として利益を得る活動のお手伝いをいたします。

お問い合せ

お客様のご予算に合わせてご提案いたします。お気軽にお問合せ下さい。
または、おむろ(https://omuro-net.com/)まで。